2008年に作成されたニキビ治療のガイドライン

###Site Name###

皮脂分泌が多い皮膚の部分に、赤い発疹ができることがあります。
尋常性ざ瘡というもので、一般的にはニキビの名で浸透しています。
10代の思春期の頃に出来やすいものですが、20代を超えても、しつこく症状が出る人も少なくありません。ニキビは治療することができます。

主に皮膚科にて行なってくれます。

ニキビ跡の治療関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

ニキビ治療にはガイドラインが存在しており、2008年に作成されました。



症状の範囲は、コメドといわれる症状がまだあらわれたばかりの、ごく軽度なものから始まり、軽症、中等から重症、最重症の範囲まで、段階的にあります。
コメドから重症の範囲の症状に対しては、外用レチノイドという薬が用いられます。



抗菌剤外用薬は、コメドには使われず、軽症から最重症の症状に対して処方されます。


抗菌剤内服薬は中等から最重症の、症状が重い患者に対して使われるものです。


2015年には、過酸化ベンゾイルという薬の処方が許可されるようになっています。

過酸化ベンゾイルとは、欧米でよく使用されているニキビ治療薬です。

副作用は比較的少なく、一般的な改善方法として国内でも使われている成分ですが、2015年になってようやく医療機関において保険適用されました。
改善が難しい症状に対して、この過酸化ベンゾイルと、外用レチノイドが用いられることがあります。医療機関で処方されるニキビの薬は、症状を改善する強い力が備わっています。

早く治したい場合に適しています。